努力した経緯を表すもの

医療事務の仕事でキャリアを積むことで、事務職に就く者としてのプライドを確固たるものにしようとする方がいるのではないでしょうか。

今後のためにキャリアの構築を欠かさない方が少なくないと思い、キャリアは、自分は今までこういう仕事を経験したり上位の役職に携ってきたという意思表示をするための拠り所であるため、キャリアを積むことが、まるで自分史を作っているかのような気分になる方がおられると考えられるのです。

医療事務の仕事を長く続けていれば、おのずとキャリアアップの機会に恵まれると思い、チャンスがあれば、積み上げたキャリアを活かして他病院に転職するという選択肢が生まれてくると考えられます。

キャリアを積むことは自分を磨くことであり、ともすれば磨き続けた結果、ダイヤの原石が光り輝くダイヤとして姿を変えていくことが多々あると思うのです。

自分の中に眠るダイヤの原石をどうするかは自分の決断に委ねられていき、人によっては、「俺こそがダイヤの中のダイヤだ。

俺は光り輝き続けるために生まれてきたかもしれないな。

俺の輝きに目を奪われる人達がありありと頭に浮かんでくるようだぜ」と思っているかもしれません。


 医療事務で培ってきたキャリアを活かして、事務長の座を射止めようとする方がいるのではないでしょうか。

キャリアが将来性を高めていくのではと考えられて、自分は将来事務長になるべき人間だとする信念を増幅させているのが窺えます。


 事務長の座を射止める確率を上げるには、医療事務の資格を取得していると効果的です。現在は講座・教室情報を紹介するサイトも多数あり、簡単にスキルアップすることが出来ます。直接、医療福祉関連の認定試験を実施しているサイトを見てみるのもいいでしょう。自他共に認めざる負えない絶対的な資格を持っておくと、時間とともに移ろいがちな人間関係などの影響を少しでも排除出来ることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です